このエントリーをはてなブックマークに追加

ここでは、各ペグの特徴について、適応範囲や目的の観点からペグの選び方を紹介する。

キャンプサイトに合わせてペグを選ぶことは、非常に重要である。

テントやタープに付属のプラペグやピンペグをオートキャンプ場などで使用すると、ペグを破損して気付くとペグが足りないというのは、キャンプでよくやる失敗の一つである。

キャンプ場のすぐそばにアウトドアショップなど普通は無いので、安心してキャンプを行うためには、ペグの予備を十分に(多めに)持っておく必要がある。 また、予備も重要だが、そもそも自分が行くテントやタープの設営場所に合ったペグを選ぶことが最も重要である。

砂地

普段テントやタープについてくるオマケ的に考えられ勝ちだが、海岸沿いのキャンプ場、ビーチや川の河口付近など、意外にも砂地ではプラスチックペグが最も役に立つ。 逆に、ソリッドステークなどの高価な鍛造ペグは、砂地では少し引っ張るとすぐ抜けてしまいほとんど役に立たない。 さらに悪いことに鍛造ペグは砂地で紛失しやすい。細くて重たい鍛造ペグは砂の上に落とすと、簡単に砂に埋もれてしまい、紛失しやすくなってしまう。

この違いは、ペグの表面積にある。一般的なプラペグは断面がT字型であり、表面積が稼げるような構造になっている。

芝生、草地

芝生や牧場など、地下が粘土、泥といった地形では、ベグ選びは慎重に行う必要がある。 整備された芝生など、十分に踏み固められていて、ぬかるんだりしていない草地ではピンペグでも十分な場合もある。ただ、十分な長さの鍛造ベグなどが手元にあるならそちらの方が無難である。

芝生や牧場といった場所は、湿度の高い場所も多い。こういった場所ではピンペグでは少し心許なくなってくる。風が吹くような心配があれば30~40cmクラスの長めの鍛造ペグ、プラペグやVベグなどに変更しておくというのも一考の余地がある。

濡れた地面では摩擦面積が大きいためプラペグは意外に活躍する。 ただし、土が重たいので、ペグへの負担も大きい点は注意が必要となる。ペグを抜く時に、抜きやすくするためにペグの頭を捻じったり、応力をかけると簡単に曲がってしまう。

ぬかるみや粘土質

雨が降って地面がぬかるんだ場所などではプラペグやVペグやYペグといった、土との接地面積が稼げるペグを選ぶべきである。

ペグを抜く時は抵抗も大きくなるので、慎重に抜く必要がある。ペグの向きに真っ直ぐ抜くのがペグを長持ちさせるポイントである。

硬い地面や砂利地

学校の校庭のような硬い地面、地中に小石や砂利が含まれているような地面では、鍛造ペグがベストである。登山などで、荷物の軽量化が必要な場合は、VペグやYペグが適している。その場合は森や山の中で強風の恐れのない場所を選ぶほうが無難である。

ペグ選びは最終的に何をやりたいか、どこにテントやタープを設営したいかに大きく依存する。

砂浜でタープやテントを張るような場合はプラスチックペグやサンドペグは必須だろう。間違ってもピンペグやネイルペグだけはやめてほしい。ピンペグやネイルペグは砂浜では全く役に立たないだけでなく、紛失すると誰かが踏む可能性がある。裸足で遊ぶ砂浜において、長く尖ったペグの紛失は釘をばら撒くのと同じである。

オートキャンプとトレッキングの道具選びは全く異なることに注意が必要である。

トレッキング、登山で1〜2人テントを基本とする人はVペグやYペグだろう。何よりも軽くて丈夫なこと。全てのシチュエーションに最適とまでは言えないが、どんな地面でもそれなりの効果を発揮してくれる。

オートキャンプのようにキチンと整備されたキャンプと荷物を車で運ぶことが許される場合は鍛造ペグは信頼できるアイテムである。そして丈夫で長持ちするためエコでもある。キャンプのように自然と触れ合う場では、良いものを長く使うというエコな精神を常に持ちたい。

  ピンペグ プラスチックペグ V/Y/Xペグ ネイル/鍛造ペグ
砂浜キャンプ × ×
登山、縦走 ×
オートキャンプ ×

○: 持っておくべき   △: 代替品または予備として利用可能   ×:用途には適さない  



関連記事
コメント投稿
最大255
最大1000
最大255
Email never displayed on this site. 最大255
Site is displayed. 最大255


記事一覧へ